胡蝶蘭のカラーと意味

一言で胡蝶蘭とは言えども、カラーだけで考えても実に多くの種類があります。もちろん、これが胡蝶蘭の魅力の一つと言っても過言ではありません。更に言えば、花の色には深い意味があり、その意味に込められているメッセージを伝えることを前提として商品を選ぶのも楽しいひととき。では、胡蝶蘭のカラーに込められた意味について、ここで探ってみましょう。

まず、胡蝶蘭の定番とも言える白についてです。純白という言葉があるように、白はまさに清純なイメージをもたらしてくれます。見ているだけで上品に感じるという点で、お祝いでは重宝されます。誠実とか純粋と言った意味のある白は、開業祝いなどにおいて幸先の良いスタートを切って欲しいという想いを込めるのにはピッタリです。では、赤についてはどうでしょうか。赤と言えば、力強さと共に優美な雰囲気を感じることでしょう。これから力強く事業展開をして欲しいと願っているのであればおすすめです。また、赤と白の中間色であるピンクも、胡蝶蘭のカラーとしては人気。華やかでありながら柔らかい印象のあるピンクは、相手を思う愛を表現するのに相応しい色です。

このように、胡蝶蘭の色には何かしらの意味がこもっています。いろとりどりの花と共に、相手への想いを込めて胡蝶蘭を贈ってみましょう。お花をもらった相手は、きっと喜びます。