胡蝶蘭のお手入れ

せっかくお祝いに胡蝶蘭を頂いたのですから、お手入れについても十分に行うことをおすすめします。特に難しいことをする必要はないですが、胡蝶蘭を大切にケアしようという想いこそが最も大切です。では、具体的にはどのように手順を踏むと良いでしょうか。

まず、水やりについてです。これは1週間から10日程度のペースで行えば、それで大丈夫です。他の植物ですと、毎日水をあげなければ枯れてしまうこともありますが、胡蝶蘭はそこまで多く水やりをしなくても十分に育ちます。しかも水やり1回につき、コップ1杯で花にとっての大切な栄養を確保できるのです。ただし、水の温度については、今一度気を付けることをいすすめします。極端に温かい、あるいは極端に冷たい水については胡蝶蘭との相性が良くありません。あえて言えば室温と同じぐらいの温度の水が理想です。これなら繊細な胡蝶蘭が傷つくのを上手く防げます。また、花を保存する場所については、直接日光が差し込み、尚且つ摂氏15度以上をキープできるスペースを選ぶようにしましょう。

このように、水やりについても保管する場所の温度についても、胡蝶蘭のお手入れをする際にチェックすることをおすすめします。素敵なプレゼントを頂いた以上、可能な限り長持ちさせるようにしましょう。

胡蝶蘭のカラーと意味

一言で胡蝶蘭とは言えども、カラーだけで考えても実に多くの種類があります。もちろん、これが胡蝶蘭の魅力の一つと言っても過言ではありません。更に言えば、花の色には深い意味があり、その意味に込められているメッセージを伝えることを前提として商品を選ぶのも楽しいひととき。では、胡蝶蘭のカラーに込められた意味について、ここで探ってみましょう。

まず、胡蝶蘭の定番とも言える白についてです。純白という言葉があるように、白はまさに清純なイメージをもたらしてくれます。見ているだけで上品に感じるという点で、お祝いでは重宝されます。誠実とか純粋と言った意味のある白は、開業祝いなどにおいて幸先の良いスタートを切って欲しいという想いを込めるのにはピッタリです。では、赤についてはどうでしょうか。赤と言えば、力強さと共に優美な雰囲気を感じることでしょう。これから力強く事業展開をして欲しいと願っているのであればおすすめです。また、赤と白の中間色であるピンクも、胡蝶蘭のカラーとしては人気。華やかでありながら柔らかい印象のあるピンクは、相手を思う愛を表現するのに相応しい色です。

このように、胡蝶蘭の色には何かしらの意味がこもっています。いろとりどりの花と共に、相手への想いを込めて胡蝶蘭を贈ってみましょう。お花をもらった相手は、きっと喜びます。

胡蝶蘭の魅力

胡蝶蘭は、人事のお祝いなどに贈られる人気の高い花です。独特の上品で優雅な雰囲気はもちろんのこと、見ているだけでどこか安心感のある胡蝶蘭の魅力は、言葉では簡単に伝わるものではないかもしれません。では、この花の人気の秘密は、一体どんな点にあると言えるでしょうか。

まず、バリエーションに富んだカラーにあります。白や赤やピンクなど、異なったカラーで優雅さを奏でる胡蝶蘭ですが、どの色もうっとりするぐらい美しいです。また、それぞれの色には独特の意味が込められており、そういう視点でプレゼントを選ぶのも面白いと言えるでしょう。色を通じてプレゼントする相手に伝えたいメッセージを伝えられますし、相手がそのメッセージまで受け取ってくれることは、まさに感動の他はありません。胡蝶蘭を頂いたら、入念にケアをするように心掛けましょう。水やりの頻度は7日から10日に1回の割合で大丈夫ですが、ケアを疎かにするのだけは避けたいものです。胡蝶蘭は繊細ですし、日光や水の恵みがあってこそ育ちます。お手入れ自体はそんなに難しくはなく、基本的な項目を押さえておけばまずは大丈夫です。せっかくの心のこもったプレゼントだからこそ、花を贈ってくださった相手の心を配慮することは大切なのです。

このサイトでは、胡蝶蘭の人気の秘密と基本的なケアの方法について紹介。上品に力強く咲き誇る胡蝶蘭の魅力に惹かれることは必至です。花に込められた意味を見出し、心まで綺麗になることを期待しています。